食育

ジュニアアスリート|脂質との向き合い方

大切な栄養素でありながら、やはり、摂りすぎに注意したいのが脂質です。

脂質と聞くと、“太る”というイメージがありますね。

マイナスイメージの強い脂質ですが、実は、糖質と並ぶエネルギー源として利用されたり、タンパク質とともに細胞膜やホルモンの構成成分になるなど、成長期でもあるジュニアアスリートにとって重要な役割をもっているんです。

ではどんな脂質を摂ればよいのか、もう少し掘り下げていきましょう。

脂質には体内でつくれない必須脂肪酸がある

必須脂肪酸とは、生きていくうえでは欠かせない、生命維持を担当する脂肪酸のことです。
これを聞くだけでも、脂質が必要な栄養素であることがわかりますね!

その必須脂肪酸は体内で合成されないため、食物から摂取する必要があります

脂肪酸には大きく分けると
○飽和脂肪酸
○不飽和脂肪酸
のふたつがあるよ。

飽和脂肪酸とは

年齢の若いジュニアアスリートにはあまりピンとこないかもしれませんが、

・コレステロールの増加
・中性脂肪の増加
・血液粘度の増加
などの健康被害をもたらすほか、

・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞
など、生活習慣病の原因になっているのがこちらの脂肪酸です。

お肉の脂身やバター、ラードのような、動物性の油脂に多く含まれています。

お肉はスポーツ選手にとって大切なタンパク質源ですが、ひき肉やばら肉は特に脂肪が多く含まれているため、脂質過多の食事にならないよう気をつける必要があります。

不飽和脂肪酸とは

先にお話した飽和脂肪酸とは逆に、

・善玉コレステロールを増やす
・動脈硬化を予防する
などの働きをもちます。

植物油やナッツ、魚に含まれています。

“DHA”や、“EPA”といった言葉を聞いたことがありますね。
不飽和脂肪酸のひとつで、サバやさんま、イワシなどの青魚の脂に含まれます。

血液をサラサラにしたり、脳の機能を活性化させて老化を防止するなど、健康を保つのに良いことで知られていますね。

ぜひ、積極的に摂りたい脂質です。

脂質の摂取量

1日3食きちんととっていれば、普段の食生活で脂質が不足することはほとんどないでしょう。

逆に、摂りすぎの傾向にあるかもしれません。
揚げ物・お肉の脂身・マヨネーズ・菓子パンやスナック菓子など、多様な食品に多く含まれているからです。

使われなかった脂質は体脂肪となり、競技パフォーマンスを低下させる原因となってしまいます。

その一方で過剰な脂質抜きをすると、

・内出血や肉離れをおこしやすい
・傷が治りにくい
・肌がかさつく
・髪がパサパサになる

など、様々な健康被害が起きてしまいます。

肌や髪に関しては、私たちママにとっても他人事じゃありません!(笑)
健康な皮膚や髪は、脂質によって保たれているんです♪

脂質は、役割と性質を理解して賢く摂取しましょうね!

 

スポーツを頑張る子どもの食事メニュー|ビタミン・ミネラル編毎日の食事づくりで、ビタミンやミネラルことを意識するのはなかなか難しいと思います。 正直私は、スポーツフードの勉強をするまで深く考えた...